Top news

カルトナージュで作ってみました ―Vol.6エレガントフォルダー―

2022.07.26
Share

厚紙で組み立てた箱などに、お好みの生地を貼って仕立てるカルトナージュ。
手づくりタウンで販売中のカルトナージュキットからスタッフが自ら作ったアイテムをご紹介します。
ぜひご参考にしてみてくださいね。






エレガントフォルダーを作ってみました

今回選んだキットはエレガントフォルダー。

ふた部分のフォルムがおしゃれで、大人にぴったりなアイテムです。

袱紗としてはもちろん、通帳・パスポート・お薬手帳のケースなど、マルチに使えます❣

目指すはこの作品!(生地は異なります)


キットには専用の厚紙(カルトンとケント紙)と作り方説明書が入っています。

複雑なカーブもカット済み、内ぶたなどミリ単位の誤差も調節してあるので、

かんたんに作れて仕上がりもきれいですよ🎶


必要な道具はこちら。

カルトナージュ専用の接着剤(グルー)、はけ、はさみ、ヘラ、定規、チャコペンなど。

手や机が汚れがちなので、ウェットティッシュや、接着剤用の台紙もあると便利です💡

それではさっそく作っていきましょう!






1. 生地を用意します

表地はウィリアム・モリスのウィロウボウ。テムズ川ほとりの柳のデザインです。

少し大柄のものを選びました。

裏地はアクセントにピンクのモアレ生地を。

しっかりした織と、角度によって変わる光沢が高級感を出してくれます。


※フレンチメゾンデコール会員さま向けの生地です。

大柄なのでどんな風に配置するかで印象が変わります。スタッフはとても悩みました💭







2. 表用生地にカルトンを貼る

位置を決めたら、表地用のカルトンを貼り付けていきます!

上下左右ののりしろをとって布をカット。






3. 裏用生地にケント紙を貼る

裏地になるケント紙を生地に貼り付け、3つのパーツを作ります。

それぞれカーブや角はのりしろを斜めにカットしたり切り込みを入れたりして、

ラインが出るように折り込みます。

切り込みはできあがりラインから1mm余裕を残すくらいでちょうどよかったです。






4. 表と裏を貼り付ける

ふたは3mmほど表からはみ出すように貼り付け、本体もポケットができるように

貼り付けていきます。

ふたと本体のつなぎ目の部分は、ヘラでしっかりと密着させます。

ここのくっつきが甘いと、ふたを開けた時につなぎめがたわんでしまいます💦

一回目でうまくくっつかなかったので慌てて貼りなおしました…!






完成!


ケント紙はを初めて扱いましたが、グルーを塗るとかなり沿ってしまうので難しかったです。

でもそのぶん完成後の達成感はひとしお!かわいいフォルダーができて使うのが楽しみです☺





ライタープロフィール

・いろいろなクラフトSTAFF

入社2年目~30年目までのSTAFFがあれこれレポートいたします!

もっと見る

Light or Dark

Mirage offers all dark dashboard & theme design for dark lovers.