Top news

交差は棒針だけじゃない!【かぎ針編み】

2021.04.08
Share
編んでますか~?編み目記号が好きすぎるアミモノです。もう夏ですよ…。春夏はかぎ針編みの作品が多くなるので、春に引き続きかぎ針ネタにさせていただきます。こんなご時世ですし春の余韻がまだまだ残っていると思いますが、夏らしい音楽でもかけて強制的に気分を変えていただき、夏物に挑んでいただけましたら幸いです。

編みくるむ交差と「変わり」交差

タイトルにもありますように、あるんです、かぎ針編みにも交差が。基本の「1目交差」通常拾う目の1目先を拾って編み(中長編み以上)、次に1目手前の目に針を入れ、編みくるむようにして編みます。場合によっては目の間に鎖1目入れる記号もあります。

もうひとつは「変わり1目交差」。目の拾い方は基本と同様で、「編みくるまずに」編みます。記号上の違いは記号に切れ目が入っているかどうか。わかりづらいですねえ…。編み目としては「変わり」の方がふっくらします。まあ、間違えても少し落ち込むくらいで済みますので、おおらかな気持ちで編み続けましょう。


右上・左上がある「変わり」交差

「変わり」の方なのですが、こちらは右上、左上があるのでご注意を。棒針のように目を入れ替えるようなことはせず、拾い方で交差を作るので、編み方は難しくありません。さらに「1目と3目の交差」といったようなバリエーションがあるのも嬉しいところ。縦に続けて編むと、まるで棒針編みの交差のような効果が生まれるので、ぜひ試してみてください。


拾い方にクセがあるけど楽しい交差

両方に共通しているのは「後に編む交差の目が編みづらい」ということ。慣れないうちはスムーズに編み進まず、やきもきしますが、先に編んだ目を少し倒して目を拾うなどして対応してください。残念なお知らせとしては、棒針編みのような多種多様なバリエーションが組みづらいという点です。

編んでみるとわかるのですが、もうね、物理的に無理なんです…。でも限界にチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。交差と言えば棒針に目がいきがちですが、かぎ針編みの交差も捨てたもんじゃありません。工夫をすればかぎ針編みで総アラン模様「風」のウエア物ができるかも!?


ライタープロフィール

編み物チーム中の人・アミモノ

編み物ネタのみ。東京都編み物区在住で編み物本の編集業務に携わる人畜無害な編み物の妖精という設定でどうぞよろしくお願いします。編み物の編み物による編み物のための世界構築を目指し奮闘中

もっと見る

Light or Dark

Mirage offers all dark dashboard & theme design for dark lovers.