Top news

『大人のコートの本』、発売しました!

ソーイング
2021.10.08
Share


パタンナーの前川友子さんが作る、作ったとは思えないような仕上がりのコートをたっぷり紹介しています。



ステンカラーのコートやテーラードカラーのコート、ラウンドネックのコートといった定番コートから、キルティングのコートやフード付きのコートなど様々なデザインのもの10着を紹介した1冊です。

コート作りがはじめての方、裏地つきコートを作ってみたいけれど不安…という方にも安心して作っていただけるように、すべてカラーページでくわしく解説しています。


ショート丈でパンツともスカートとも相性抜群の、使い勝手のよいコート。このコートは裏地つき。裏地をつけることで脱ぎ着がラクになるのはもちろん、型くずれしにくくなったり、汚れや蒸れを防ぐこともできるのです。


こちらも裏地のついたステンカラーのコート。

コートを身に着けたときに「自分で作ったの?」ではなく「どこで買ったの?」の言葉をもらえるようにしたいとの思いから、できるだけプロの工場で縫製する手順に合わせて作られた型紙を使い、初心者さんでも家庭用ミシンで作れるよう、無理のない方法を提案しています。


軽くて暖かく、一度着ると手放せないといわれているキルティングコートも作れちゃいます。

ニットテープで布端を包むように始末することで、簡単にきれいに仕上がるようにしています。テープがアクセントにもなるんです。


裏地をつけずに、1枚でサラリと着られるコートも載せています。

前身頃からフードがつながっているので、ロングガウンのように見えて、パッと着るだけで様になるすぐれものです。


社内で「このコートが作りたいから本を買う」という声が上がったダブルテーラーのショートコート。チェック柄を使えばトラッド感を感じさせる1枚に。もちろん無地布で作っても素敵に仕上がります。


本格的なトレンチコートに似せて、作りやすくアレンジした1枚仕立てのコート。後ろ身頃にはタックをたっぷりとって動きやすくしてあります。

本格的な箱ポケットもわかりやすく解説してあるので、ぜひチャレンジを。


テーラードカラーのコートは、メンズライクなデザインですが、裾に向かってAラインのシルエットなので、ハードになりすぎず、おしゃれな1着になっています。

大きすぎない、コンパクトな衿をつけているので、無理なく着られます。


春秋に活躍する、1枚仕立てのVネックのコートです。ベルトをキュッと締めて着たり、ベルトをはずしてガウンのように羽織ったりと様々な楽しみ方ができる1着です。

全作品、S・M・L・LLの実物大型紙つきです。


書籍の詳細はこちら



著者プロフィール

パタンナー 前川友子

バンタンデザイン研究所 産業パターン専科(夜間)卒業後、東京の大手アパレルメーカーに就職。数社で働きながら、アミコファッションズに通いパターンの腕を磨く。1990年にフリーのパタンナーとして独立。東日本大震災後、故郷である岩手県釜石市に戻り、現在はパタンナーの仕事に加え、お店「JASMINE」を立ち上げ、1点物の洋服の販売、オーダーの洋服受注、型紙販売、洋裁教室を行っている。

http://jasmine.agelak.com/

Light or Dark

Mirage offers all dark dashboard & theme design for dark lovers.