Top news

世界の伝統的ペイント①

2021.02.03
Share
1980年代にアメリカで人気のクラフトとして日本に紹介されたトールペイント。
そのルーツは、ヨーロッパから新天地アメリカへ渡った移民たちによって受け継がれた、彼らの祖国の伝統工芸でした。


トールペイントの歴史


19世紀にヨーロッパから移民の人々により、彼らの母国の風習や技術がアメリカに伝わりました。西洋の伝統的装飾技法をベースに、道具や木製品に絵を描くことを日本では「トールペイント」と呼ばれています。

1980年代アメリカで、描き方を合理的にシステム化した指導法が「デコラティブペインティング」として流行。現在では伝統的なフォークアートスタイル以外にも多様なデザインが発展してきました。



世界のフォークアートペインティング



ヨーロッパの伝統的なペイントは、宗教的な絵画や贅沢なインテリア装飾がルーツになっています。

後に庶民たちも家具や道具を美しく装飾するようになり、国や地方によりさまざまなスタイルや様式に発展し、受け継がれてきました。ドイツ、フランス、スイス、オランダ、スウェーデン、ノルウェー、ロシアなど、各地に伝わる特徴的なペイント装飾をご紹介していきます。




ライタープロフィール

トールペイント編集スタッフ・ペイントクラフトデザインズ編集室

日本ヴォーグ社のトールペイント関連の編集スタッフです。雑誌『ペイントクラフトデザインズ』に関わるトールペイントの情報などを中心にお伝えしていきます!

もっと見る

Light or Dark

Mirage offers all dark dashboard & theme design for dark lovers.