Top news

トールペイントの花歳時記 -バラ

2021.05.14
Share

「花々の女王」と称されるバラは、世界でもっとも愛されている花ではないでしょうか?

美しい姿かたちと香りは世界中で好まれ、古くから文学や芸術、いい伝えや逸話が残っています。



古代ギリシア・ローマでは、美と愛の女神ヴィーナス(ギリシア神話ではアプロディテ)の花であり、中世では聖母マリアを象徴する花とされました。

クレオパトラはバラの花びらを床に敷きつめたり、寝室を膝の高さまで花びらで埋めつくしたというエピソードが伝わっています。

イギリスでは、日本の「大和なでしこ」のように、イギリスらしい美しい女性を「イングリッシュ ローズ」という例えがあり、

イスラム教では、白いバラは預言者ムハンマドを、赤いバラはアッラーを象徴する花とされているそうです。




古くから品種改良が行われ、多くの愛好家たちに蒐集されてきましたが、特筆すべきはナポレオン皇妃ジョゼフィーヌでしょう。

19世紀初頭、世界各地から250種類ものバラを蒐集して、マルメゾン宮殿の庭園で育て、それらを画家ルドゥーテに描かせました。

後にルドゥーテの『バラ図鑑』として刊行された書物は、図版の美しさで現在も人気が高く、またバラの品種などに関する貴重な資料となっています。


その後も品種改良は続き、現在では登録されている品種だけでも40,000種以上にのぼるそうです。

また近年では、これまで不可能とされていた、青いバラが日本で誕生し「夢かなう」という花言葉があてられました。


『ペイントクラフトデザインズ vol.21』

は季節のお花の作品を多数掲載しています

ライタープロフィール

トールペイント編集スタッフ・ペイントクラフトデザインズ編集室

日本ヴォーグ社のトールペイント関連の編集スタッフです。雑誌『ペイントクラフトデザインズ』に関わるトールペイントの情報などを中心にお伝えしていきます!

もっと見る

Light or Dark

Mirage offers all dark dashboard & theme design for dark lovers.