Top news

図案写しのポイント

2022.11.18
Share
今回のテーマは「図案写しのポイント」。
フランス刺しゅうでは、図案写しがとっても大切。
正確に写すように心がけましょう。


図案写しに必要な道具は

・トレーシングペーパー(ペンやシャープペンシルで図案を写しておきます)

・手芸用複写紙(片面)

・まち針

・トレーサー(色の出なくなったボールペンで代用可)

・セロファン

です。



トレーサーの先はとがっていて細いものがおすすめです。



布に、トレーシングペーパーをまち針でとめます。

左辺と上辺をとめるのがポイント。

チャコ面を下にして、布とトレーシングペーパーの間に手芸用複写紙をはさみます。


トレーシングペーパーが破れないように、上にセロファンを重ねてトレーサーで図案をなぞります。


布目が粗い布は、力を入れて写すのがおすすめ。

一気に描こうとせずに、ちょこちょこと少しずつ写すと確実に写せます。



直線や円の部分は、定規を使って。

ここで正確に図案を写すことで、仕上がりがぐっと綺麗になりますよ。



グレーの手芸用複写紙は、布が汚れにくく、濃色・淡色どちらの布にも使えるのでおすすめです。



写したあとで、部分的に描き足したい時は、水で消える印つけペンがあると便利。

サテンステッチやロング&ショートステッチの方向線を描くのにも使えます。


※手芸用複写紙や印つけペンで描いた図案線は、熱を加えると消えにくくなることがあります。必ず図案線を消してから、アイロンをかけるようにしましょう。





ライタープロフィール

Editor・ステッチイデー編集部

刺しゅう誌『ステッチイデー』編集部です。刺しゅう全般、クロスステッチが大好き。

もっと見る

Light or Dark

Mirage offers all dark dashboard & theme design for dark lovers.