Top news

『私をときめかせる服』

2022.10.31
Share

大好評『私が自然体でいられる服』に続く、

遊布工房 斉藤美紀子さん(@yuu.kou.bou)による

著書第二弾『私をときめかせる服』です。


  

一見シンプルで飽きのこない普遍的なデザインながらも、ラインにちょっとトレンドを効かせていたり、着心地の良さ、作りやすさを追求した、他にないデザインが魅力。


ミセス世代がさりげなく、カッコ良く、日常をときめかせてくれるようなオールシーズン活用できるお洋服をバラエティ豊かに計21点掲載しています。

  

こちらは左肩部分が切り替えになった、スタンドカラーのキャップスリーブワンピース。


お好みで、ブラウスやチュニックにしても素敵です。

  

ボトルネックブラウスとワイドパンツのセットアップ。


見返しや芯貼りなどもなく、三つ折りで始末する簡単仕立てです。

  

ドルマンスリーブのチュニック。


こちらは刺繍生地で作る春夏用、本誌ではウールエターミンで作る秋冬用(マフラー付き)も提案しています。


ドロップショルダーのデザインで、春夏用は袖口の切り替えあり、秋冬用は袖つけ無し(前・後ろ身頃各1枚)で作れます。

  

ストンと着るだけでサマになるジャンパースカート。


箱ポケットのつけ方は、初めて挑戦する方にも作りやすいように工夫されています。

  

パンツは、ワイドパンツ、裾ギャザーパンツ、テーパードパンツの3種類。


特に、ウエストも裾も三つ折り始末で作れる「ワイドパンツ」は初心者の方にもおすすめです。

  

ヨーク切り替えスカートは、切り替え下のスカート部分がボックスプリーツになっていて、ウエストがゴムでも、腰まわりがすっきり見えるのがポイント!

  

さっと羽織るだけでスタイルが決まるロングジレ。


脇の切り替えを利用して、左右に2ヵ所ずつスリットが入っています。

  

ツイードとニット地の異素材の組み合わせが楽しいバルーンシルエットのプルオーバー。


肌寒い日のアウターとしても重宝します♪

  

シンプルなノーカラーコートには、起毛加工が施されたウールリネンの千鳥格子を使用。無地で作っても素敵です☆


作品の難易度は易しいものばかりで、ソーイングが初めての方でも作れるよう、作り方は分かりやすく丁寧に解説。


S・M・L・2L・3Lサイズの実物大型紙3枚つき。





『私をときめかせる服』はこちらから→




■著者プロフィール

 遊布工房 斉藤美紀子(@yuu.kou.bou

『遊布工房』主宰。1955年 大阪生まれ。大阪芸大短期大学部デザイン科卒業。アパレルのデザイナーとして勤務の後、結婚・出産を機にパタンナーとして独立。ご主人の転勤で山梨へ移り、1995年セミオーダーと生地の店を始める。1999年店名を『遊布工房』に変更し、現在に至る。流行を追わず、年齢を問わず、長く着ていただけるよう、デザインはシンプルに。その分、シルエットや着心地の良さにこだわった作品提案を心掛けている。著書に『私が自然体でいられる服』(日本ヴォーグ社)がある。

 

生地とパターンのお店 遊布工房 yuukoubou

https://www.yuukoubou.jp/

 






ライタープロフィール

・ソーイングチーム編集スタッフ

日本ヴォーグ社ソーイング本の編集者たち(20~40代)。

もっと見る

Light or Dark

Mirage offers all dark dashboard & theme design for dark lovers.