Top news

夏糸のつなぎ方

2021.10.08
Share
サマーヤーンはサラサラ、スベスベして夏の編み物に欠かせません。でも、ひとつの作品を編み終えるまでに何度も遭遇する糸の終わり…。仕方がないので丁寧に糸始末しますが、使っているうちにちょろりと出てきたりしませんか? 今回はそんなサラスベ糸を1本につないでしまう方法をご紹介します。

その1 縫って1本にする

片方の糸端を針に通し、つなぐ側の糸端をぐし縫いしてつなぎます。撚りが強めの糸やテープヤーンなど糸を割ることができない糸におすすめです。糸に直接縫いつけるため、針はシャープポイントで針穴が細めのタイプを用意しましょう。

その2 糸を割って1本にする

編み物に使う多くの糸は何本かの細い糸をさらに撚って1本の糸にしています。そこで撚りを戻して半分の太さにし、再び撚って1本の糸に戻します。夏糸はなじみにくいですが編んでしまえばほとんど気になりません。

ライタープロフィール

編み物チーム中の人・アミモノ

編み物ネタのみ。東京都編み物区在住で編み物本の編集業務に携わる人畜無害な編み物の妖精という設定でどうぞよろしくお願いします。編み物の編み物による編み物のための世界構築を目指し奮闘中

もっと見る

Light or Dark

Mirage offers all dark dashboard & theme design for dark lovers.