ニュース一覧
Top news
刺しゅう
2021.07.19

【新発売】童話の世界を感じる、奥見伊代さんのイラスト刺しゅう

シンプルなステッチだけで、自由に絵を描くように楽しむ刺しゅう 【CRAFTINGで新発売】 童話のような世界を感じる、奥見伊代さんの繊細なイラスト刺しゅう。 森の住人たちが、実りの収穫のときを祝福している風景を描いた3部作です。 まるで夢の中にいるような、不思議な登場人物と動物たち。 そして心惹かれる美しい色合い。 シンプルなステッチでぬり絵のように楽しめる作品なので、刺しゅうが初めての方にもおすすめです。 物語の世界を想像しながら、ゆったりとした刺しゅうの時間をお楽しみください。 商品ページはこちら 商品ページはこちら 商品ページはこちら 監修・デザインは奥見伊代さん 刺繍作家でもあり、イラストレーターでもある奥見さんは、刺繍糸と色鉛筆を使い分けて、素朴でロマンティックな絵を描いています。 その神秘的な作品を見ていると、夢うつつのような、どこか懐かしい風景を見ているような感覚になります。 奥見伊代さんプロフィール 京都造形美術大学ファッションコース在学中に刺繍と出会う。 絵としての刺繍の表現に興味を持ち卒業後イラストレーションを学ぶ。 現在は刺繍糸や色鉛筆を使った物語性の豊かな作品を制作発表している。 [インスタグラム] https://www.instagram.com/moshimoshi_yio/ [HP] https://moshimoshiyio.jimdofree.com/

Top news
刺しゅう
2021.07.02

【7/19発売予定】糸と針で描くイラスト刺しゅう

ハンドメイドのオンラインレッスン<CRAFTING>にて、奥見伊代さんの繊細なイラスト刺しゅうのレッスンが7/19に発売予定です。 森の住人たちが、実りの収穫のときを祝福している風景を描いた3部作です。 まるで夢の中にいるような、不思議な登場人物と動物たち。そして心惹かれる美しい色合い。 シンプルなステッチだけで自由に絵を描くように楽しめる作品なので、刺しゅうが初めての方にもおすすめです。 ステッチの仕方やポイントなどは動画で詳しく説明しています。 物語の世界を想像しながら、ゆったりとした刺しゅうの時間をお楽しみください。 監修・デザイン/奥見伊代 京都造形美術大学ファッションコース在学中に刺繍と出合う。絵としての刺繍の表現に興味を持ち卒業後イラストレーションを学ぶ。現在は刺繍糸や色鉛筆を使った物語性の豊かな作品を制作発表している。 [インスタグラム]https://www.instagram.com/moshimoshi_yio/ [HP]https://moshimoshiyio.jimdofree.com/ 『童話のような世界を楽しむ 糸と針で描くイラスト刺しゅう』は7月19日(月)ハンドメイドのオンラインレッスン「CRAFTING」にて発売予定です。 「CRAFTING」はこちらから

Top news
刺しゅう
2021.06.28

新発売「ちくちくちどりさんの糸ボタンレッスン」

アプリでハンドメイドレッスン「CRAFTING」で新発売! 「糸ボタン」は木や動物の角などの芯や金属製リングを糸でくるんで作る、ヨーロッパの伝統的な手仕事。 糸のかけ方次第でさまざまな模様が描ける、ちくちくちどりさんの糸ボタンレッスンがスタートしました。 いろいろな巻き方を学びながら、カラフルな糸ボタンの世界をお楽しみください。 【CRAFTING糸ボタン特集ページはこちら】 糸を巻いて浮かび上がる模様が愛らしい糸ボタン ディスクモールドのボタン thread wrapped button(スレッドラップボタン)といい、円盤状の型(モールド)を糸で巻きくるむことで模様を描きます。 今回のレッスンで芯として使う木製ボタンは、「ちくちくちどりさんオリジナル」です。 リングモールドのボタン リング型を糸でくるむリングモールドのボタンは、繊細な美しさが魅力です。 リングの直径に巻きつける「スポーク」、「リングをくるむ」、「リング内側にアクセントをつける」という順番で巻いていくドイツ・オーストリアスタイルで、斜めに巻いた糸が特徴です。 お洋服につけておしゃれを楽しめる小さなボタンやブローチ、王冠を使って作るマグネットなど、日常使いできるアイテムを作ります。 実際に身に付けたり、インテリアとして楽しめるのも糸ボタンの魅力です。  【CRAFTING糸ボタン特集ページはこちら】 監修・デザインはちくちくちどりさん 古くから伝わる基本的なテクニックをアレンジしながら新しいボタンも日々考案されているちくちくちどりさん。 1日1ボタンを目標に、今まで1800個以上のボタンを製作しています。 ちくちくちどりさん プロフィール 13年前からバテンレースを始め、現在はバテンレースの講師を務める。 さまざまなレースの技法を学び、8年前に糸ボタンに出合い、独学で作り始める。 著書に『糸を巻いて作る 小さくて愛らしい手作りボタンの世界 糸ボタンの本』(グラフィック社)がある。 https://tik2chidori.blog.fc2.com https://www.instagram.com/tik2chidori_yoko/

Light or Dark

Mirage offers all dark dashboard & theme design for dark lovers.