ニュース一覧
Top news
ソーイング
2021.12.17

as know as de wanのかわいいワンコ服 本日発売です!

うちの犬(こ)に着せたいかわいいお洋服がいっぱい! 人気アパレルメーカーの犬服ブランド「as know as de wan」のワンコ服が作れる1冊。 スカートやパンツつきのTシャツやタンクトップからワンピース、コート、ロンパース、ジャンプスーツまで、カジュアルでおしゃれな犬服と小物を合計26点紹介。 デニムのボトムスつきの作品は、スカートとパンツを入れ替えて縫い合わせることも可能です。 愛犬に合わせてかわいいお洋服を作っていただけたら嬉しいです。 おそろいで着せられるペアコーデも魅力的。 本格的なコートや、もこもことあったかいジャケットなどアウターも掲載しています。 これからの季節のお散歩にもぴったりです。 ソーイングは初心者だから縫えるか心配…という方には、まずは小物からチャレンジしてみるのもおすすめ! さらに、本書をご購入くださった方に、トレーナーのベアプリント、ブルックリンのバックプリントのデータのプレゼントも🎁。 家電量販店などで販売されているプリントシートに印刷してお使いいただけます。 こちらは、本書内にご案内を記載しています。 詳しくはこちらから🐶 ・ ・ ・ ・

Top news
ソーイング
2021.11.17

0からわかる着物リメイク 極上まいにち服 本日発売です!

大切にしまっておいたあの着物を、 新しい1着にうまれかわらせてみませんか。 この本では”型紙なしでできるもの”、”今っぽさを採り入れた1着を”、”すっきり見えて着心地のよい1着”の 3つのパートにわけ、着物をリメイクして作る、さまざまな洋服を紹介しています。 ”型紙なしでできる”「ふんわりタックスカート」は、ヨークをつけることで、おしゃれに&きちんと見えする1枚。 ヨークの下の部分にタックを入れているので、腰回りがすっきり見えます。 表紙でも使ったツートンワンピースです。 着物リメイクでツートンカラーってめずらしいと思います。 紋の入った黒い着物をお持ちの方、多いのではないでしょうか。 柄の入った着物と組み合わせれば、こんなおしゃれな1着ができ上がります! ニットに重ねて着るのも素敵です。 リボンタイは結ぶもよし、垂らして着てもおしゃれに見えるすぐれもの。 はずして着るとシンプルなバンドカラーのブラウスになります。 後ろ身頃は6枚はぎにしてたっぷりと布を使っているので、ほどよくゆとりがあり、着心地抜群です。 肌触り・通気性のよい襦袢で作った春夏にぴったりのブラウスです。 裾にスリットを入れたり、袖口を細めに仕上げるなど着たときにすっきり見える工夫が詰まっています。 春夏秋冬、1年を通して楽しめるアイテムを集めた1冊です。 ロールカラーのプルオーバーとガウチョパンツはセットアップで。 ”ちょっとしたお出かけ”に着ていく服、迷われることが多いのではないでしょうか。 そんなときに役立つセットです。 もちろんそれぞれを別のアイテムと合わせて楽しむことも。 スタイリングの仕方で楽しみ方が広がります。 コートもサラリと着られるように1枚仕立てで。 作るのもラクです。 コートを作るのにおすすめなのが、男物の着物。軽くて丈夫に仕上がります。 絶妙な丈感なので、前をとじても、あけても楽しめ、どんなパンツやスカートとも相性のよい1着です。 凝ったデザインのブラウスは1着持っていると、場所を選ばず着ていけるので、本当に便利です。 前に入れた細めのタックが縦ラインを強調してくれるので、スラリと見せてくれます。 ”着物リメイクのきほんBOOK(16ページ!)”つきなので、着物リメイクがはじめての方でも安心して楽しめます。 ミシンを出してくるのが面倒…というお声をよく聞くので、今回は手縫いでも作れるようにしてあります。 合計23作品を紹介しています。 着物の多くは絹、木綿、麻などの天然繊維でできていて通気性と保温性に優れています。 そんな上質な布、着物地を寝かせておくのはもったいない。 この本を通して、形見分けでいただいた着物や、タンスにしまい込んである着物を今のくらしに合う洋服にしてみていただけたら幸いです。 「0からわかる着物リメイク 極上まいにち服」はこちらから

Top news
ソーイング
2021.10.27

「切り抜いてそのまま使える! 型紙BOOKシリーズ」に2冊が仲間入り

できたてほやほやの本や、今の季節にちょうどいい本など、ぜひ手に取ってもらいたい1冊をご紹介します。 ご好評いただいている型紙BOOKに、新たに2タイトルが加わりました。 1つの型紙を生地を変えて提案するワンピースの型紙と、 お正月に飾りにもぴったりの花袋の型紙をご紹介します。 「サイド切り替えワンピースの型紙 for Women」/480円(税込) 「和布でつくる花袋の型紙」/380円(税込) May Me 伊藤みちよさんが提案する七分袖のワンピース。 2色使いがおしゃれなバイカラーのワンピースと、総柄プリントでウエストにリボンを結んだワンピース。 まったく同じ型紙でも生地を変えるだけで違ったイメージになります。 バイカラーのワンピースは縦のラインを強調することで、ほっそり見える効果があります。 総柄ワンピースは共布のリボンでウエストを絞り、シルエットのメリハリをつけました。 型紙の線が重なっていないので、作りたいサイズを切り抜いて使える(写す手間が要らない)手軽さがポイントです。 作り方はイラストで丁寧に説明し、分からないところはお電話やメールでの質問もOK。 デザイン/伊藤みちよ 「シンプルで着やすく、愛着を持って長く着られる服」をテーマに、May Meのブランド名で幅広い年代層から指示される服を制作。著書に『May Meスタイル 大人の定番服』、『May Meスタイル シンプルワードローブ』、『May Meスタイル 365日の大人服』(日本ヴォーグ社刊)などがある。ヴォーグ学園東京校・横浜校・名古屋校講師。 江戸時代から明治時代にかけて、富裕層の子女の間で流行したちりめんのお細工物。 現代でも、子どもの成長、健康、長寿を願ったり、お正月を華やかに飾ってくれる縁起物として親しまれています。 <梅袋 大・小>花びらの丸みが愛らい梅袋は、大小2つをご紹介します。 <椿袋>「茶花の女王」と称され、お細工物の中でも特に人気です。 <水仙袋>白と黄色の花びらに葉のグリーンが映えて素敵です。 ちりめんの基礎知識も掲載しています。 型紙の線が重なっていないので、作りたいサイズを切り抜いて使える(写す手間が要らない)手軽さがポイントです。 作り方はイラストで丁寧に説明し、分からないところはお電話やメールでの質問もOK。

Top news
ソーイング
2021.10.08

『大人のコートの本』、発売しました!

パタンナーの前川友子さんが作る、作ったとは思えないような仕上がりのコートをたっぷり紹介しています。 ステンカラーのコートやテーラードカラーのコート、ラウンドネックのコートといった定番コートから、キルティングのコートやフード付きのコートなど様々なデザインのもの10着を紹介した1冊です。 コート作りがはじめての方、裏地つきコートを作ってみたいけれど不安…という方にも安心して作っていただけるように、すべてカラーページでくわしく解説しています。 ショート丈でパンツともスカートとも相性抜群の、使い勝手のよいコート。このコートは裏地つき。裏地をつけることで脱ぎ着がラクになるのはもちろん、型くずれしにくくなったり、汚れや蒸れを防ぐこともできるのです。 こちらも裏地のついたステンカラーのコート。 コートを身に着けたときに「自分で作ったの?」ではなく「どこで買ったの?」の言葉をもらえるようにしたいとの思いから、できるだけプロの工場で縫製する手順に合わせて作られた型紙を使い、初心者さんでも家庭用ミシンで作れるよう、無理のない方法を提案しています。 軽くて暖かく、一度着ると手放せないといわれているキルティングコートも作れちゃいます。 ニットテープで布端を包むように始末することで、簡単にきれいに仕上がるようにしています。テープがアクセントにもなるんです。 裏地をつけずに、1枚でサラリと着られるコートも載せています。 前身頃からフードがつながっているので、ロングガウンのように見えて、パッと着るだけで様になるすぐれものです。 社内で「このコートが作りたいから本を買う」という声が上がったダブルテーラーのショートコート。チェック柄を使えばトラッド感を感じさせる1枚に。もちろん無地布で作っても素敵に仕上がります。 本格的なトレンチコートに似せて、作りやすくアレンジした1枚仕立てのコート。後ろ身頃にはタックをたっぷりとって動きやすくしてあります。 本格的な箱ポケットもわかりやすく解説してあるので、ぜひチャレンジを。 テーラードカラーのコートは、メンズライクなデザインですが、裾に向かってAラインのシルエットなので、ハードになりすぎず、おしゃれな1着になっています。 大きすぎない、コンパクトな衿をつけているので、無理なく着られます。 春秋に活躍する、1枚仕立てのVネックのコートです。ベルトをキュッと締めて着たり、ベルトをはずしてガウンのように羽織ったりと様々な楽しみ方ができる1着です。 全作品、S・M・L・LLの実物大型紙つきです。 書籍の詳細はこちら 著者プロフィール パタンナー 前川友子 バンタンデザイン研究所 産業パターン専科(夜間)卒業後、東京の大手アパレルメーカーに就職。数社で働きながら、アミコファッションズに通いパターンの腕を磨く。1990年にフリーのパタンナーとして独立。東日本大震災後、故郷である岩手県釜石市に戻り、現在はパタンナーの仕事に加え、お店「JASMINE」を立ち上げ、1点物の洋服の販売、オーダーの洋服受注、型紙販売、洋裁教室を行っている。 http://jasmine.agelak.com/

Light or Dark

Mirage offers all dark dashboard & theme design for dark lovers.